ホームページ > ニュースセンター > ニュース&トレンド
KEY TAPEは 時代と共に進み お客様に価値を提供する
日付:2018/12/17    再生回数:73

 

image.png

 

2018年はタッチパネル式の携帯の登場からちょうど20周年になります。

 

この20年間、タッチパネルとディスプレーの発展は日進月歩です。

 

現在、OLEDディスプレー、フルパネル、曲面パネル、更に折りたたみ可能のパネル製品まで相次いで登場します。2018年時点で、世界中のタッチパネル製品の出荷量は毎年35~40億件、市場価値は319億ドルと見込みです。その中、中国大陸の製品は市場の65%を占めています。電子製品の原材料として、先端電子用機能性フィルムの市場予測は約300億ドル。しかし、長い間外国企業と外資に独占されてます。



image.png



昊天新材料(KEY TAPE)はエレクトロニクスの発展に追いかけ、タッチパネルとディスプレーの発展動向に応じ、塗布、遮蔽、熱管理、減粘、難燃等の技術を開発し、製品に様々な機能を与えます。2018年12月の第九回日本高機能フィルム展&第28回日本国際光電展に、極薄型保護フィル、PU保護フィルム、3D曲面保護フィルム、ITO保護フィルム、飛散防止フィルム、研磨用テープなどの様々な製品を出展し、業界に新たなソリューションを提供いたします。


image.png

昊天新材料·2018年度日本高機能フィルム展

AFT15M]C@A9HXIP[N1P{7ET (1).png

昊天新材料·2018年度日本高機能フィルム展


image.png

昊天新材料·2018年度日本高機能フィルム展


image.png

昊天新材料·2018年度日本高機能フィルム展



現在、5G、人工知能により発生する知恵教育、事務処理、知能工場、家居、無人自動車、遠距離医療等の新たな応用はタッチパネルとディスプレーにより広い市場を提供しています。KEY TAPEは業界の優秀な同業者たちと共に時代の流れに沿い、中国のタッチパネルとディスプレイ産業を世界産業システムと市場に入り込ませ、タッチパネルとディスプレーの未来のために、貢献していきます。

 

image.png 

image.png

image.png

image.png


image.png


image.png

天晟新材・昊天新材料(KEYTAPE)は技術革新をコアとして、市場の要求を方向として、お客様の個別なニーズに対して粘着製品の開発のソリューションを提供します。



もっと見る(合計0)コメントリスト
コンテンツなし
私はコメントしたい
コンテンツ *
確認コードを入力してください *